【2歳児】雪との出会い

こんにちは!

ひだまり組担任の水戸瀬です(*’▽’)

昨日は久しぶりの大雪にびっくりしましたね✨

私にも2人の子どもがいるので、
朝から子どもたちと色水を5色作ってかき氷ごっこをしたり、雪投げをして大はしゃぎでした♬笑

そんな雪も、今日にはあっという間に溶けてなくなってしまい、その早さにまたまた驚きました。

せっかくなら園の子どもたちとも雪で遊びたいと思いながら、河川敷へ出発!

歩いていると、先頭にいたはづき先生が「水溜りに氷が張ってる!」と嬉しそうに教えてくれました(^^♪

せっかくの機会だったので、残っている貴重な雪や氷に触れながらお散歩をしましたよ!

氷を踏んだ時のパキパキッとなる音。

透明の氷の板。

雪の感触は氷とはまた違う。

氷の上はツルツル滑る。

雪って冷たい。

溶けちゃった。

雪に触れるたびに、いろんなことを知っていく子どもたち。

さて、河川敷にも行ってみようか(‘ω’)

河川敷に着くと、「なにあれ?!!!!」と驚く声!

指を差す方を見ると、その先には大きな雪のかたまりが!

子どもたちも、「雪だるま?」「なんだ?」と興味津々♬

再び雪に触れてみました!

雪のかけらを2つ重ねて、雪だるまを作ってみたり。

「エルサの家は氷でできているんだよ」と言いながら、雪を繋げてエルサの家を再現してみたり。

大きな雪の塊に雪のカケラをつけて、大きな雪だるまをみんなで作ってみたり。

「手が冷たい!手が赤くなった!」と言いながらも、雪で遊び続けるひだまり組さんでした♬

雪との出会いに、この時期ならではの遊びができましたよ!